(一社)全日本瓦工事業連盟 青年部様 第27回 中部ブロック会議 講演

2019/09/21
(一社)全日本瓦工事業連盟 青年部様
第27回 中部ブロック会議にて講演させて頂きました。
弊社で取り組んでいる瓦の施工BIMについてや史跡復元BIM・xR・フォトグラメトリについてお話ししました。
これからは、各業種・業者がBIMに関わるようになっていきます。弊社は、全瓦工事業者では初めてBIMを導入しており、その効果も少しずつ出てきています。
案件によっては、かなりの効果を発揮しております。
数量根拠図や正確な納まりパースなど、お客様にとってわかりやすい資料を提示する事で、両者にとって良い関係で工事を終えられます。
瓦は地域によって呼び名も違ったり、どこに使う瓦なのか、また端部の半端瓦を切断した残りが何故出るのかなど、お客様からの少しの不透明度も透明に変えられれば工事は円滑に進みますし、設計者や関係他業種との打ち合わせも、根拠を持って可能不可能を話し合えます。
また、3Dで前もって入力する事で、納まりの勉強にもなります。
単価が下がり切った現在、若手育成時間が取れなくなりましたが、こうした別の方法を駆使する事で、若手育成にも役立ちます。
これから、普及していけば新しい風が吹くのではないかと思います。

VR体験コーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です