マルチプレイ建築VR

マルチプレイに対応したVR(HMD)の提供を開始しました。

建築で使われるVRの多くはシングルプレイで、弊社の提供しているVRも体験者の見ている映像をモニターに映し共有するタイプでした。
マルチプレイ対応VRは、HMDを装着した没入感のあるVRを2名で体験するもので、複数人でVR空間に入ることが可能となったため、3Dモデルを見ながら、より具体的な打ち合わせを行う事が可能となります。
マルチプレイは、ローカルネットワークタイプとインターネットと接続し遠隔地を結ぶタイプの2種類ございます。遠隔地接続タイプは音声も使えるため、オフィスとオフィスやオフィスと現場事務所といった遠隔地の担当者同士が同じ3Dモデルを確認しながらVR内で打ち合わせができます。
従来なら、少しの打ち合わせでも、どちらかが、または両者が足を運ぶ必要がありましたが、3Dモデルで検証打ち合わせが可能ならば行く必要がなくなります。Iot推進の一環となります。
VR打ち合わせが可能な、マルチプレイ建築VRを是非一度お試しください。

#VR #建築VR #ykuw-design #BIM #Archicad #マルチプレイ #マルチプレイ建築VR

 

 

 

カテゴリー: VR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です